元親・盛親の家臣。久武親信の弟。通称:内蔵助。
長宗我部三家老と称される一家(他、中内・桑名)1579年、兄・親信の死後、久武家の家督を継ぐ。
この際、元親は岡本城攻戦中の親信から「弟の彦七(親直の幼名)は腹黒き男ゆえ、御取立て召されませぬよう。必ずや御家の災いとなるでしょう」と言い遺していたのだが、政治力に優れていたことから重用してしまった。1584年には伊予軍代に任命されている。

長宗我部が秀吉に降伏後に、元親からの命を受けて、秀吉に献上するための木材を伐採を取り仕切っていた。その現場を視察に来た吉良親実が、一顧だにしない親直の笠に弓を射たため、二人はこの時から犬猿の仲になった。その後、戸次川の合戦で信親が戦死し、跡継ぎ問題が勃発すると親直は盛親を後押しし、反対派の吉良親実・比江山親興らと対立。盛親が家督を継ぐと決まると、両氏は切腹となったが、それを裏で画策したのは親直だったと『土佐物語』では記されている。関ヶ原の合戦後では、土佐が三男・親忠に与えられるという噂を信じ、親忠を盛親の命として切腹させた。これが主家改易の一因を作ったとされる。

『七人みさき』という怪談があるが、これは跡継ぎ問題の際に切腹を命じられた吉良・比江山らがモデルになっている。親実一派の死後、彼らの怨霊が久武家に現れ、八人あった親直の子供が末子一人を残して次々と死んでしまった。そのショックで親直夫人も自害して果てたという。